個人輸入の女性ホルモン剤

MENU

日本で認められていない海外の医薬品も多い

女性ホルモン

豊胸のためには女性ホルモンが有効だとされているので、手っ取り早く体内のホルモンバランスを調整するためにホルモン剤を使いたいと考える人が増えています。

 

国内で売っている薬やサプリメントは種類が限られていて、あまり強力なものはないのでネットで話題になっている海外製の女性ホルモン剤を個人輸入して使うのがバストアップに効くと言われていますが、自己判断で海外の薬を使うことにはさまざまな危険が伴います。

 

特にアジア製の無名な製薬会社が作っている女性ホルモン剤は、日本で使用が認められていない物質を含んでいたり、健康に害を及ぼす可能性のある成分や発がん物質が検出されることもあるため、使い続けていると深刻な影響が出る恐れも考えられます。

 

個人輸入は海外製の医薬品を簡単に購入できて値段も安いので魅力的ですが、偽物の薬が送られてきたり送金したのに商品が届かないなどトラブルも多いので慎重に利用しましょう。

軽い気持ちで利用すると後悔することも

豊胸のためにクリニックを受診するのは恥ずかしいし、周囲に相談できる人がいなくて、薬局でバストアップサプリを買うのを人に見られるのも嫌なのでネットで気軽に買いたいと思うことは誰にでもあります。

 

処方箋を使うとかなり高い医薬品も個人輸入で海外から取り寄せれば安く買えるのでお得だと思って使う人もいます。

 

しかし、ホルモン剤など使い方が難しくてデリケートな医薬品は専門家の診察を受けて正しく服用しないと逆効果になってしまったり、ホルモンバランスが乱れて健康を損なう原因にもなります。値段が安い、パッケージが可愛いなど単純な理由だけで気軽に利用してしまうと、後から後悔することになるので気をつけましょう。

 

特に海外製の知名度が低い医薬品は女性ホルモン剤と書いてあっても全く違う成分が含まれていたり、危険な材料が使われていたり、偽物が入っていることやバストアップに全く効果がなかったりすることも多いのが問題です。

体の異常を感じたらすぐ専門家に相談を

個人輸入で購入した女性ホルモン剤を使用していて気分が悪くなったり、まったくバストアップ効果が感じられなかったり、湿疹やじんましんなどが起こったりしたらすぐに専門家の診察を受けるようにしましょう。

 

薬の種類によっては体質に合わず体が拒絶反応を起こしたり、ホルモンバランスが乱れて生理時不順や肌荒れ、吐き気などの原因になったりすることがあるので危険です。クリニックで処方された薬なら安全ですが、自己判断で購入した女性ホルモン剤だと本当に自分に合っているのかわからず、ほかのサプリメントとの飲み合わせやアレルギーなども問題になります。

 

海外製の薬であまりにも値段が安いものや、知名度が全くない怪しい製薬会社が作っているもの、生産国が信頼できないものは健康に重大な被害を及ぼす恐れがあるのでなるべく手を出さないほうが無難です。どうしても個人輸入で女性ホルモン剤を手に入れたいなら信頼性の高い製薬会社を選びましょう。