豊胸剤

MENU

女性ホルモンに働きかけて豊胸を実現

女性ホルモン

 

バストアップ効果を謳う薬やサプリメントの多くは、女性ホルモンに直接働きかけることで豊胸を実現します。近年では、本来は避妊薬であるピルの服用によってバストアップ効果も得られることが知られるようになり、個人輸入代行サイトなどから医師の処方が無くても入手できる方法もあることから、気軽に試すことを考える人が増えてきました。

 

経口避妊薬であるピルは、エストロゲンとプロゲステロンというホルモンの作用によって排卵を抑制して、妊娠することを妨げます。バストアップ効果は胸の大きさにコンプレックスがある人にとっては嬉しいメリットですが、ピル本来の目的を考えれば、あくまで副作用の一つであり、他にも起こりうる副作用が幾つかある薬です。

 

本来は医師の診断を受けて処方箋を書いてもらった上で服用を開始すべき薬であり、豊胸剤として自己判断で服用を始めることは控えなくてはならないことを認識しておく必要があります。

豊胸剤としてピルを服用するリスク

かつての日本では、ピルは副作用の強い薬という印象が強く、比較的副作用の少ない低用量ピルが処方されるようになって以降も、服用を控える人が多いことからピル後進国とまで言われていました。

 

近年、避妊において効果が高いことと、バストアップという魅力的なメリットが知られるようになり、注目度が一気に高まりました。

 

低用量とは言え、本来は医師の処方を受けて服用する薬ということで、効果が高いぶん副作用のリスクも存在します。

 

女性ホルモンに直接作用する薬であることから、ホルモンバランスを崩し、不正出血などの生理不順、PMSや更年期障害のようなイライラやうつ、不眠、倦怠感といった副作用が出ることもあります。

 

肝心のバストアップも、乳房に張りや痛みを生じる可能性があり、健康的なバストアップ効果ではないことも肝に銘じておかなくてはなりません。

 

ひどいむくみが生じることで、体重は増えていないのに太って見えることもあるという副作用が出ることもあります。

豊胸剤で揺り動かされる女性ホルモン

かつてホルモン剤は神の領域と言われていた時代があるほど、医師にとってもホルモン剤の処方は慎重を期すべき分野とされていました。

 

低用量ピルといえども、卵胞ホルモンであるエストロゲンと黄体ホルモンであるプロゲステロンという脳下垂体に直接働きかけて排卵に関するホルモンに作用することで、卵胞を成熟させるホルモンの分泌を抑えるほどの薬です。

 

それほどの薬効を持つだけに、繊細なバランスを保って働いている女性ホルモンへの影響は大きく、自己判断での服用のリスクはしっかりと把握しておく必要があります。バストアップ効果が得られても、常にだるさを感じていたり、うつ気味になってしまっては本末転倒です。

 

血が固まりやすくなるという副作用もあることから、静脈血栓症の心配もあります。たとえ豊胸剤としてのピルを得たいと考えたとしても、婦人科や産婦人科など専門の医療機関を受診して、医師の診断をきちんと受け、処方箋をもらってから服用を始めることが肝心です。